イースターにはウサギと卵?

イースター飾り3月のレッスンで作っていただく作品は「イースターの壁飾り」です。
ちなみに今年2018年のイースターは4月4日です。

黄色い花にイースターうさぎを組み合わせてツオップにしています。

黄色い花が春一番に咲き出すことから、黄色の花を見ると春を感じるという方が多いですね。

イースターの象徴であるうさぎもリボンで吊り下げて飾っています。
作品をコンパクトにしたい方は、ワイヤリングして、ツオップの中に入れてしまうこともできます。

イースターは、うさぎが卵を産んだというお話をもとにしているので、ヒヨコやニワトリは本来登場しません。

うさぎは多産で子孫繁栄を表し、卵は一度死んで生まれ変わったキリストのイメージ(卵で生まれて、そこからまた生まれ変わる)なのだそうです。

壁飾りとして考えていますが、ボトルに変えて飾ることもOKデス。
お家のイメージに合わせて飾っていただけます。

カテゴリー: 木の実とスパイス タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です